MIKRO MIR 1/350 SS613 ウィスキーV級

海へ戻る
完成品展示
制作記


bx_ss613_whisky3_mm350

BOXア-トは今まさに海面に姿を現したウィスキ-V級。ベントから迸る海水がとてもリアルで一見して写真と分かります。艦首には所々錆が浮き、司令塔の風情も相当年期が入っているので退役間近の老朽艦でしょうか。ウィスキ-級は第二次大戦後の第一世代に属する艦級なのでこの箱絵の様に長く使われた艦もあったのでしょう。

ss613_whisky3_mm350_01
   
ss613_whisky3_mm350_02
 
ss613_whisky3_mm350_03
 
 
パ-ツはメインの船体の他、小部品のランナ-1枚と展示台という構成です。船体は左右分割でこれに艦首から艦尾まで繋がった長いエッチングパ-ツを付けて甲板のディティ-ルを表現する方式。実物がそれほど大きくないので1/350のキットの全長は20cm程度と小柄ですが、ベントの凹みなどプラパ-ツのディティ-ルが美しく、精密感が有ります。展示台は長方形の台に支柱が2本付くものの、支柱の先端が尖っているため船底に穴を開けなければなりません。

部品点数 19 (展示台、エッチングパ-ツ含まず)
 
 
ss613_whisky3_mm350_e1
 
 
ss613_whisky3_mm350_e2 

ss613_whisky3_mm350_dk
 
 
エッチングは前述の甲板ディティ-ルの他、スクリュ-や錨、手すりなどが多数付いていて精巧な出来上がりが期待できます。デカ-ルはハッチのマ-クと白の番号に加え、水位目盛りや旗などもセットされていて十分な内容。ただし艦種/艦名はエッチングにもデカ-ルにもセットされていないので展示台に艦種/艦名を入れるには自力対応が必要です。

 

海へ戻る
完成品展示
制作記