HOBBY BOSS 1/350 SS633 ロメオ級

海へ戻る
完成品展示
制作記


bx_ss633_romeo_hb350

ロメオ級は元々ソ連の潜水艦ですがソ連本国では早期に退役したのに対し、中国で大量に建造されて長く使用されたため、中国の潜水艦というイメージが強いです。ホビーボスのこのキットも同艦の中国生産型である Type033をキット化しており、同時期に開発された中国初の大型飛行艇SH-5とのコラボキットになっています。
 
そのSH-5でネット検索していたら右の実写画像が見つかりました。良く見ると潜水艦はロメオ級ではなくて、同級を中国で独自に発展させた Type035(明型)ですが、それ以外は構図や光の感じがキット箱絵とそっくりなので、箱絵はこの写真を基に描かれたと見てまず間違いないでしょう。 

ss035_sh5_real
 

ss633_romeo_hb350_01
   
ss633_romeo_hb350_02
 
ss633_romeo_hb350_03
 
 
パーツはメインの船体の他、小部品のランナー1枚と展示台という構成です。船体は左右+甲板の3分割。この分割は船型の艦首と艦尾形状によるためで、ロメオ級が大戦中の古い潜水艦の艦形を残していることが分かります。成形はシャープでバリはなく、合いも良さそうです。表面の彫刻も細かくて好感が持てますが、船体と司令塔に施された筋彫りは1/350というスケールを考えるとやり過ぎの感があります。キットには他に透明のプラで成形されたSH-5のパーツが2枚のランナーに分かれて入っていますが、ソ連潜水艦とは関係ないのでここでは省略しました。

部品点数 29 (展示台、エッチングパーツ含まず)
 
 
ss633_romeo_hb350_et 

ss633_romeo_hb350_dk
 
 
エッチングはスクリューと艦橋のディティールおよび展示台の銘板の他、SH-5用のパーツもあって、純粋に船体に付くものは19個です。デカールはハッチのマークと白の番号の他はSH-5用。

 

海へ戻る
完成品展示
制作記