ピットロード 1/350 SSG651 ジュリエット級

海へ戻る
完成品展示
制作記


x_ssg651_juliett_pr350

ピットロードは艦船を中心にオリジナル金型のインジェクションやレジンキットをリリースしているメーカーで、クオリティーの高さには定評があります。様々なラインアップの中にコンバットサブシリーズと言うのがあって、これは古今東西の潜水艦を1/350のレジンでキット化したものです。レジンだけにインジェクションではキットが出にくいマイナーな艦種も多く、例えばソ連潜水艦ではウィスキーロングビン級,ジュリエット級,ゴルフU級,インディア級,アクラ級がラインアップされていますが、これらのうち他社からインジェクションキットが出ているのはアクラ級だけだと思います。大量に生産されるキットではないので個別のキットごとの専用パッケージは無く、共通の箱の上面に各キットの完成写真とタイトルが印刷された紙が貼ってあります。完成写真の一角に艦の簡単な説明が入っているのは、私の様な潜水艦初心者にはありがたい配慮です。

ssg651_juliett_pr350_01
 
船体は中まで樹脂が詰まった1体もので、ハッチや側面のベントなどディティールは良好です。普通なら船体に艦橋を取付ければ大体の組立ては終わりですが、ジュリエット級はミサイル発射時に4基の発射筒が上を向くので、それを再現できる様に発射筒が別パーツになっています。その他のレジンパーツは舵・スクリュー・潜望鏡類と展示台が入っていて、ホワイトメタルパーツは有りません。さらにレジンでは再現できない細い潜望鏡類を作るために、0.8,0.5および0.3mmの真鍮線が入っています。

部品点数 17 (展示台、真鍮線含まず)
 
 
このキットにはデカールは付属していません。ハッチの模様は塗装で何とかなりそうですが、水位目盛を付ける場合はデカールを自作するか、他キットのデカールを流用することになります。

 

海へ戻る
完成品展示
制作記