HOBBY BOSS 1/350 SSN671RTM ヴィクターV級

海へ戻る
完成品展示
制作記


bx_ssn671rtm_victor3_hb350

BOXアートは太陽光が届く浅い深度を航行中のヴィクターV級。潜望鏡を始めセンサー類は全て収納されているので高速航行中と思われます。画面右奥にはもう1隻、他の潜水艦の影が見えますが、敵艦だったらこんなに近づくとは思えないので、多分味方の艦でしょう。画面には海面も海底も描かれていないので比較的あっさりした印象を受けますが、水を通して艦を照らす陽光と底知れない海の深みの濃い青が対照的で、ジッと見ていると引き込まれそうになります。

ssn671rtm_victor3_hb350_01
 
パーツは上下分割の船体の他はランナー1枚と展示台という構成です。成形はシャープでバリはほとんどなく、合いも良好で言うことありません。船体と展示台はあらかじめランナーから切り離されていますが、ゲート(融けたプラが流れ込んで来る湯口)がパーツの内側に付いているため、外周にランナーからの切断痕が出ない様に工夫されています。組立ては楽そうですが、船体表面の筋彫りはスケール相応に細く浅く・とても繊細なので無造作に塗装すると埋まってしまいそうです。

部品点数 37 (展示台、エッチングパーツ含まず)
 
 
ssn671rtm_victor3_hb350_et 

ssn671rtm_victor3_hb350_dk
 
 
エッチングはスクリューと艦橋のディティールおよび展示台の銘板の構成で22パーツあります。スクリューはプラパーツもあるのでどちらか好きな方を使いましょう。デカールはハッチのマークなどの他に浮上時に艦橋に掲げる旗がセットされています。

 

海へ戻る
完成品展示
制作記