HOBBY BOSS 1/350 SSN705 アルファ級

海へ戻る
完成品展示
制作記


bx_ssn705_alfa_hb350

BOXアートは水中を高速航行中のアルファ級。潜望鏡類は全て収納されていて、艦の輪郭がまるで摩擦熱を帯びているかの様に白く浮き出し、さらに司令塔後方から艦尾にかけて風を切る様な線が描かれています。アルファ級は魚雷を振り切るほどの高速性能が特徴なので、この絵の作者は艦が水中を猛烈なスピードで突き進んでいる感じを出したかったのでしょう。しかし、水中で潜水艦の全景を俯瞰することは現実には不可能なので、この絵は実在の艦を描いているにもかかわらずどこか空想画的な香りがします。

ssn705_alfa_hb350_01

ssn705_alfa_hb350_02
 
ssn705_alfa_hb350_03 
 
ssn705_alfa_hb350_04
 
 
パーツは上下分割の船体の他は小部品のランナー1枚と展示台という構成です。アルファ級の司令塔は船体と渾然一体となった流線形なので、このキットでは司令塔は上側船体と一体で成形されています。さらに尾部の水平舵とその端部に付く小さなスクリューまで一体なので部品点数が少なく、ただ組むだけなら簡単に組み上がるでしょう。そんな簡素な部品構成とは裏腹に、船体表面のディティールは繊細で、特に船体上面頂上付近には実感十分な細かい筋彫りがあって制作意欲をそそってくれます。

部品点数 18 (展示台、エッチングパーツ含まず)
 
 
ssn705_alfa_hb350_et 

ssn705_alfa_hb350_dk
 
 
エッチングはスクリューと艦橋のディティールおよび展示台の銘板の構成で14パーツありますが、潜望鏡類を出した状態と収納した状態で使うパーツが異なるので、全部を使うわけではありません。デカールはハッチのマークと水位目盛りの他に一部パネルの縁取りがセットされています。

 

海へ戻る
完成品展示
制作記