アクセスカウンター

おーりとーり!ここは八重山石垣島にある八重山古典民謡保存会 西垣竹三研究所・三線体験教室です。

★初心者大歓迎 旅の思い出に三線を体験★

三線の音色には、誰もが惹かれ癒されます。
「興味があるけど…、触ったこともないけど…」
そんなまったくの初心者でも大丈夫!気軽に体験してみませんか。
八重山古典民謡の師範が楽しく丁寧に教えてくれます。
本土で三線をやっている方でも本場の八重山民謡に触れるチャンス!
三線はこちらで用意しています。
お一人・グループでも気兼ねなくご参加下さい。
体験時間は約1時間程度で「花」が弾けるようになれます。



●講師 西垣竹三(八重山古典民謡保存会師範)
●料金 1500円
●体験時間 10時〜12時/15時〜18時(1時間30分程度)
●基本的には前日までの申込ですが、当日受付も対応します。
●駐車場有

★申込みは電話かメールにて★

住所:〒907-0024石垣市字新川299−2(南西スーパー近く、エンゼル保育園横)
※2013年7月に引っ越ししました。旧住居より歩いて2分です。
電話:090−6864−9509
FAX:0980−83−0965
Mail:nsi34860@m01.fitcall.net

●西垣竹三
石垣島北側にある川平の出身。本業は西垣養蝶園。畑でシークヮーサーなども栽培中。
昼時は川平の方へ釣りに行くことも多い。やっぱりお酒が大好き。
八重山古典民謡保存会に所属。西垣竹三研究所を平成7年6月1日に開設。平成16年師範の免許を取得。
現在所属会員は35名ほど。会員は遠くは大阪東京まで、定期的に稽古も兼ねてライブ遠征も行う。

ミクシーもやってます。        YouTube動画もどうぞ→ここから
こちらから↓

翔三会とは門下生から成り立つグループで、
親睦と八重山古典民謡の普及と継承を目的とし、
年間を通していろいろなイベントを計画実行しています。

西垣竹三研究所を中心に
花城敏明研究所(石垣)
三浦直信研究所(北海道)
砂川葉子研究所(石垣)
東輝文研究所(石垣)
久保田晃平研究所(京都)
藤原真紀研究所(大阪)

以上各研究所の会員で平成17年より現在に至ります。

沖縄民謡と言っても沖縄本島の唄、八重山の唄と全然違います。
さらには八重山には大小の各離島があり、それぞれの島に語り継がれている唄があります。
恋の歌、ゆんたと言われる労働歌、五穀豊穣の歌などさまざまな内容があります。

代表的な歌(ほんとに一部です)
とぅばらーま(石垣島)誰もが認める八重山の叙情歌。女性に対する思いが込められている。
でんさ節(西表島上原)教訓歌といわれる。
しょんかね節(与那国島)役人と女性とのロマンスを歌ったもの。
鷲ぬ鳥節(石垣島)勇壮なカンムリワシの姿を詠んだ歌。

西垣竹三研究所では随時、会員を募集しております。
西垣竹三が親切丁寧に稽古をつけます。
曜日指定などなく、来たときが稽古となるのも魅力だと思います。
また先輩方も適切なアドバイスをしてくれるでしょう。楽しく上達出来ます。
研究所内でのイベントも多く、会員間の交流も盛んです。

●本格的に習いたい、でも住まいは内地と言う方はインターネットレッスンも可能です。
●料金:1ヶ月6000円
●日数:火曜、木曜の2回、月10回となります。
●時間:午後2時以降の1時間(出来るだけ時間の都合は合わせます。)
●インターネットレッスンでも保存会入会となります。
●インターネットでの稽古はSkepe(スカイプ)でWEBカメラを使って行います。
顔を見ながら1対1の稽古が出来ますので大変便利です。

西垣竹三研究所では、年に数回全国で八重山民謡ライブを行っています。
体験教室にご参加された方や八重山民謡に興味のある方はどうぞお越しください。

年に1度、八重山毎日新聞社主催の八重山古典民謡コンクールと言うものがあります。
新人賞、優秀賞、最優勝賞があり、それに向けて課題曲を歌える様、稽古をします。
何事にも目標があった方が上達するのではないのでしょうか。
そういう機会を与えてくれる大事な行事です。

2015年度(平成27年度)八重山古典民謡コンクールご案内はこちら(PDFファイル)
2015年度(平成27年度)八重山古典民謡コンクール実施要項はこちら(PDFファイル)